アイランド四国

Island shikoku WEB Network

 

 

エンターテーメント 人生の楽園

設楽町、やすらぎ古民家宿「まほろば」の場所や住所は?人生の楽園

2017/04/23

 

愛知・設楽町
~ 奥三河のやすらぎ古民家宿 ~

まほろばとは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味し、美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語。

物事が完全であること」などの意味がある「まほ(真秀)」に場所を意味する接尾語「ら」がついて「まほら」が語源で

まほろば」や「まほらま」という言葉になったとされています。

 

愛知県設楽町で、築120年の古民家で奥三河のやすらぎ古民家宿まほろば」を始めた小西忠信さん(59歳)と妻の眞紀さん(54歳)。

忠信さんはもともと大阪で警察官として働いていたそうです。

キャンプなど自然の中で過ごすことが好きで、退職後は夫婦で田舎暮らしがしたいと考え、物件探し

10年以上かけて100件近い物件を見て回るなか、設楽町で売りに出されている築120年の古民家を購入。

その古民家は地域で木材商を営んでいた名士の家で、広い敷地には洋館と蔵もある。

退職後は、「友達を招いて和気あいあいとできるような民宿」を営みたいと考えていたご夫婦は、地元の大工と一緒に自ら改装にも参加。

2014年9月に民宿「まほろば」をオープン。

こちらのお店は宿泊のお客様には、古民家ならではの広い客間でくつろいげる。

料理は、畑で取れた野菜や、地域の食材を使った眞紀さんの手料理が人気なのだとか。

部屋からの眺めが良く、食事も美味しいとお客様に好評の宿となっている。

小西さんご夫婦も、空いた時間に洋館で楽器の演奏を楽しんだり、

畑仕事に精をだしたりと、田舎ならではの暮らしを満喫しているそうです。

自然豊かな田舎で暮らしたいと設楽町へ移住した民宿なのです。

Sponsored Link



愛知設楽町 古民家宿 まほろば

【名  称】古民家宿こみんしゅく まほろば
【住  所】〒441-2601 愛知県北設楽郡設楽町津具下下留6−1
【アクセス】東名高速/豊川ICから約2時間00分 約60km
新東名高速/新城ICから約1時間【約45km】
電車、バス
JR飯田線 豊橋駅/本長篠駅 豊鉄バス田口バス停⇒おでかけ北設/津具線⇒「下津具」下車
【電話番号】0536-83-2280
【料  金】大人 一泊二食で6,000円 宿泊は1日1組(最大10人)限定
【駐 車 場】10台
【U R L】http://ameblo.jp/787se4224/
【M A P】

Sponsored Link

 

SHITARA HAPPY PROJECT/設楽ハッピープロジェクト

未来につなぐ町 設楽町 町制10周年
楽しそうな町ですね

Sponsored Link

人生の楽園バックナンバー

栃木県塩原、こだま食堂のラーメンとやきそば
志々島(ししじま)くすくす、宿泊きんせんか
富山県砺波市・農家レストラン大門おおかど「いとこ煮、ゆべす、よごし」とは?
香川県綾川町の讃岐うどん『いなもく』
和歌山のカフェ天手古舞てんてこまいとギターの暗中模索あんちゅうもさく
静岡森町 お菓子工房『 fuukaふうか』
大分県豊後『森のcafeゆるり』
ごはんジャパン「本物を探す旅へ」金目鯛の脂肪率
広島 幸せの料理ミニチュア工房『キンカンの工作室』
高知・『おのストーブ』人生の楽園で紹介
京都府・漁家民宿『長栄丸』人生の楽園で紹介
松山・武工房『たけこうぼう』人生の楽園で紹介
山梨・田舎と都会の二地域居住で野菜作り人生の楽園で紹介
京都・漁家民宿『長栄丸』人生の楽園で紹介
神戸・美術館 六甲山の上美術館人生の楽園で紹介
福井県・たこ焼き『まいどおおきに』人生の楽園で紹介
岡山・自家製野菜を使ったレストラン『プンゲンス』人生の楽園で紹介

この記事もよく読まれています

[PR]

-エンターテーメント, 人生の楽園

[PR]