アイランド四国

Island shikoku WEB Network

 

 

エンターテーメント 香川県

しあわせ気分『わが町の殿堂』で紹介された赤松食堂

しあわせ気分『わが町の殿堂』で紹介された赤松食堂は

香川県の塩江温泉の国道沿いに昔からある旅館と食堂のお店。

旅館の1階は宿泊客用兼一般の大衆食堂となっていて食事だけでもできる。

タクシー運転手や近くの人が利用しているほか

うまいチャーシューを食べにくる通までいるお店。

温泉の地で愛されている食堂なのです。

創業は60年ほどで、気さくに来てくれて食べてくれるお店を目指している。

【名  称】赤松食堂 あかまつしょくどう
【住  所】〒761-1612 高松市塩江町安原上東447-1
【アクセス】
【営業時間】10:00~15:00 17:00~21:00 定休日:火曜日
【電話番号】087-893-0312
【駐 車 場】駐車場 店横に2台分
【M A P】

メニュー

メニューには自慢のちらしずし、おでん、中華ラーメン、ちゃーどん
などがある

ちらしずし


おばあちゃんの代からの味ですし飯の合わせは昔からかわらないそうです。

中華そば


メンマ、自慢のチャーシュー、とコンブ、鳥ガラ、いりこで取ったダシで美味い。
醤油は3種の醤油を合わせるこだわりだそうです。

ちゃーどん


ごはんの上に自慢のチャーシューをのせ、その上のふわふわスクランブルエッグのような卵をのせ、その上にあんをかけたもの。
チャーシュー入り天津飯のような感じです。

塩江温泉

塩江温泉(しおのえおんせん)は、香川県高松市塩江町安原上東(旧国讃岐国)にある温泉。古くから讃岐の奥座敷として知られる
泉質は単純硫化水素泉
渓谷沿いに10軒ほどのホテルや旅館が並び、小ぢんまりとした温泉街です。
温泉観光地などの少ない讃岐においては、歴史、規模ともに随一の温泉地であす。
戦前は華やかな歓楽街(宝塚歌劇団のような少女歌劇団もあった)も見られ、塩江温泉鉄道で高松市街(当時の仏生山町)と結ばれていた。現在は前述の通り保養、湯治向けの閑静な温泉街を形成している。
日帰り入浴施設は1軒、「行基の湯」が存在する。

塩江温泉にも近いので塩江温泉につかって赤松食堂で食事などがおすすめ。
塩江温泉+ドライブ+赤松食堂はおすすめだ。

[PR]

-エンターテーメント, 香川県

[PR]