アイランド四国

Island shikoku WEB Network

 

 

エンターテーメント ニュース

aska fukuoka福岡『アスカの新曲FUKUOKA』をMerryChristmasと共にYoutubeUP

2017/02/01

コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。
NewAlbum「Too many people」の中から、「FUKUOKA」を聴いてください。  ASKA

Merry Christmas!!!!
とのコメントと共にYoutubeにasuka氏の新曲「FUKUOKA」がアップされた。

歌詞はBlogで公開中 アスカBLOG

2度目の逮捕劇は神からのチャンスだったのか

2度目の逮捕でアスカの歌は流れることはないと思ったが検査でお茶を検出して嫌疑不十分となった
アスカのとった行動より、こちらは警察への不信感が強く感じられた。
冤罪事件などもこうやって作られるのだろうと思ったほどだ。

X1

新曲「FUKUOKA」

曲はピアノをバックに歌うバラードで、

コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡

と言うほど本当に思いの詰まった曲になっている。

福岡から上京の時のその時の思いが目に前に浮かぶ

そしてもう一度故郷の福岡は自分を受け入れてくれたと言う思いがひしひしと伝わってくる。

聞いた時から涙がでるほど切なくそして「ありがとう」が感じとれる。

間違いなく名曲なのである。

曲中にできてる、ニュー・シネマ・パラダイスとあるあの映画からなのか

Sponsored Link



映画 ニュー・シネマ・パラダイス

ストーリー

映画監督となった中年男性に母から電話ある人の死を聞かされる。「トト」と呼ばれていた幼いころにあった小さな映画館のことを思い出す。ある日映画館が火事になり、トトは新しく建て直された映画館「新パラダイス座(Nuovo Cinema Paradiso)」で子供ながら映写技師として働き、家計を支えるようになった。
30年後、映画人として成功し初老故郷の村に帰ってきたそこには「新パラダイス座」はすでに閉館し
1本のフィルムを映写させる。そこには・・・
映画好きな人の中で燦々と輝き続ける不朽の名作と言われる「ニュー・シネマ・パラダイス」なのです。
導入された曲はエンニオ・モリコーネの作曲。

Sponsored Link



クリエーターと薬物

物をつくるクリアーターには相当のストレスがあるのだろう。
ミュージシャンなどはヒットを出すたびにプレッシャとなっていくのではないだろうか

2016

lynch.の明徳
高樹沙耶
高知東生(たかちのぼる)
清原和博

2016

高部あい

2014

酒井法子

2013

若山騎一郎と仁美凌

2010

清水健太郎

2009

小向美奈子
押尾学

2008

加勢大周

2007

赤坂晃(光GENJI)

2006

大森隆志(元サザンオールスターズ)

2002

西川隆宏(元DREAMS COME TRUE)

2001

いしだ壱成

2000

田代まさし

1999

槇原敬之

1997

sakura(元L'Arc〜en〜Ciel)
翔(横浜銀蝿)

1995

長渕剛

1993

江夏豊

1992

ミッキー吉野(ゴダイゴ)

1987

尾崎豊

1977

岩城滉一
中村耕一(元JAYWALK、J-WALK)
内田裕也
桑名正博
美川憲一
錦野旦(にしきのあきら)
井上陽水
研ナオコ

薬物で逮捕とその後

薬物で逮捕され復帰できた人できない人さまざまだが、
複数回逮捕されるとまず復帰は難しいだろう。

aska(アスカ)氏にはこれからも良い曲を作ってもらいたいものだ。

この記事もよく読まれています

[PR]

-エンターテーメント, ニュース

[PR]