アイランド四国

Island shikoku WEB Network

 

 

ニュース

東京23区でタクシー初乗り料金410円「ちょい乗り」のお得な利用方法?


東京都心部(23区)、武蔵野市、三鷹市のタクシーの初乗り運賃が30日から、「約1キロ410円」となる。
現行の「2キロ730円」から大きく変わり、短距離の利用は値下げ、長距離は値上げとなった。

今までの料金との違い

これまでの料金との初乗り料金は410円で乗りやすく、238mで80円ずつと上がる距離が短くなっている。

なので、これまで料金と比較すると6.5kmを境に

短距離であれば利用は値下げ、長距離は値上げとなっている

つまり、「ちょい乗り」を重視した値段となっている。

では、どうsればお得に使えるのかであるが

「ちょい乗り」のお得な利用方法は?

初乗り料金は1.052kmで410円となっている

もちろん信号待ちなどで止まった場合も時間加算となるので実質は700mぐらいで410円となる。

では1kmとして、この距離を徒歩出歩くと12分ぐらいかかることになる。

これを2人で乗るような場合だと205円となり、駅なでの利用方法など以前より利用しやすくなるでしょう。

たとえば

  • デートで彼女とちょい先のお店にいく場合
  • 買い物で荷物が多い場合
  • 仕事などで複数人で移動する場合
  • お年寄りなど足が不自由で徒歩であるけない
  • 小さいお子様など入る場合など

などに利用できそうだ。

まとめ

初乗り730円から410円になったことで、利用してみようかと思う人は多いくなるはず。

オリンピックに向けてタクシー利用は進むのはまちがいない。

流しのタクシーならまだしも、タクシー乗り場で待っているタクシーに1メーターでタクシーに乗るのは

少々、心ぐるしいのも確かである。このあたりがなくなればもっと利用は進むでしょう。

タクシー運賃改定でタクシー業界も活気を取り戻すことを期待している。

[PR]

-ニュース

[PR]