アイランド四国

Island shikoku WEB Network

 

 

ワールドニュース

パク・クネ大統領ついに任期満了前に辞任意向表明

paku
長年の知人や側近らが起訴された事件で窮地に立たされていた韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、29日午後、国民に向けた談話を発表し、「政権移譲の方策を与野党が作ってくれるなら、それに従って大統領職から退く」と述べ、再来年2月の任期満了を待たず、与野党の決定を受けて辞任する意向を表明。

韓国のパク・クネ大統領は、一連の事件をめぐって、29日午後2時半から、3回目となる国民向けの談話を発表。

パク大統領は

「大統領職の任期短縮を含めた進退の問題を国会の決定に任せる。与野党が議論して、国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲する方策を作ってくれるなら、それに従って大統領職から退く」

と述べ、再来年2月の任期満了を待たず、今後の与野党の決定を受けて辞任する意向を表明しました。

パク大統領をめぐっては、野党各党が弾劾を目指す動きを加速させ、来月2日にも国会の本会議で弾劾を求める議案の採決を目指していて、与党内からも同調する動きが出ていたことから、可決される公算が高まっていました。

29日の大統領の談話を受けて、与党、セヌリ党の幹部は「野党に弾劾に関する日程の再検討を求めたい」と述べ、弾劾の動きをいったん止めることを要請する意向を示しました。

しかし、野党側は、大統領の談話を受けても、弾劾に向けた手続きを進めるという考えを示していて、まだ与野党間で駆け引きが繰り広げられそうです。

パク大統領が任期途中で辞任すれば、韓国では1987年の民主化以降、初めてのことになります。

また、辞任すれば、憲法の規定ではファン・ギョアン(黄教安)首相が大統領の職務を代行し、辞任から60日以内に大統領選挙が行われることになります。

パク大統領をめぐっては、知人や側近らが職権乱用などの罪で起訴され、検察が、大統領も「共謀関係にあった」という判断を示しました。

また、国民の間でもパク大統領に対する極めて強い反発が収まらず、ソウルでは5週連続で退陣を求める大規模な抗議集会が開かれてきました。

パク大統領の支持率も最新の世論調査で歴代最低の4%まで落ち込むなど、退陣を求める世論の圧力が強まっていました。
ソウル市民「早期にみずから退陣すべき」
ソウル市民からは辞任する時期を与野党の決定に任せるのではなく早期にみずから退陣するべきだという声が聞かれました。

このうち、ソウル駅に設置されたテレビに見入っていた40代の男性は「きょうの談話は抽象的な表現で、いつ辞職するのかなどはっきりした時期について言及がなかった。国会の決定に任せるというやり方は時間稼ぎにも見えて憤りを感じるし、正しいやり方ではないと思う」と話していました。

また、20代の男性は「パク大統領がみずから早期に退陣して新しい大統領を選ぶことが、いまの国政の混乱を収束させる最善の道だと思う。名誉を保ったまま辞職したいならば今がもっともいいのではないか」と話していました。
外相「日中韓首脳会談開催に引き続き努力」
岸田外務大臣は国会内で記者団に対し、「韓国内政に関わる事柄なので、私の立場でコメントは控えたい」としたうえで、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「日韓両政府が合意の内容を誠実に履行していくと考えている」と述べました。
また、年内に日本で開催するよう調整している日中韓3か国による首脳会議について、「議長国として年内開催に向けて努力する方針に変わりはない。首脳会議の重要性に鑑みて引き続き努力していきたい」と述べました。
各国メディアも速報で伝える
パク大統領が再来年2月の任期満了を待たずに辞任する意向を表明したことについて、各国のメディアも速報で伝えました。

このうちロイター通信は、「追い詰められたパク大統領は、権力を手放す方策と、大統領職から退く時期について国会に判断を委ねた」と伝えています。

またイギリスの公共放送BBCは、「パク大統領は過去に2度も謝罪したものの辞任することを拒んでいた。大統領は退陣を求める声の高まりに直面していた」として、パク大統領は与野党からの批判にさらされるなか、任期満了前の辞任を決意せざるを得なかったという見方を示しています。
中国 今後の動向注視の姿勢
パク政権との関係が冷え込んでいる中国は、外務省の耿爽報道官が29日の定例の記者会見で「韓国の内政だ」と述べ、詳しい受け止めは示しませんでした。
一方で、耿報道官は「韓国の人たちには問題を適切に処理する知恵と能力があると信じている」とも述べ、今後の韓国の政界の動向を注視していく姿勢を示しました。

[PR]

-ワールドニュース

[PR]